2008年4月から始めたラジコンヘリと我が家の猫ちゃん達の生活

(フライト日記) 20110716: 修理

先週クラブの紅白大会の後にSDXのエンジン始動した際、

飛行機からヘリへのプロポのモデル変更忘れによりSDXのクラッチベル周辺に

ダメージを負ったこと既報。

本日漸く修理することに・・・。

早速SDXからエンジンを下ろしたところ・・・。

1

クラッチベルライニングやクラッチシュー及びクラッチベルの削りカスで

物凄い汚れ様でした。(´∩`。)グスン

2

クラッチシューもかなり開いてました。

3

クラッチベル内のライニングについては、クラッチシューとの接地部分のみ全て消失し、

更にクラッチベルまで若干削れてました。( ̄▽ ̄;)!!ガーン



ちなみに、先週のハプニングの後にちょっとだけフライトしたのも良くなかったと

かなり反省。(´・ω・`)ショボーン

どうりでエンジン回転を挙げた際に、金属音がしたのはこれが原因でした!!

4

ちなみにクラッチベルから残ったライニングをとり除いたところ、2mmぐらいの幅しか

残ってませんでした。



と言うことで、使い古しの歯ブラシとアルコールを使用して清掃開始。

幸いエンジン内に削りカスの混入は無く、ちょっと一安心。

5

地元のラジコンショップで購入した、クラッチベルライニング。

以外と安いものですね!!

6

数年前に100円ショップで購入したエポキシ接着剤(2液タイプの10分硬化タイプ)で

ライニングを貼りつけ。



その後、クラッチシューとライニングのクリアランスが無かった為、サンドペーパー(#100)で

クラッチシューがスムーズに回るまで、少しだけヤスリがけ実施。

7

その後、ダイヤルゲージを使用しエンジンの芯出し0.05mmぐらいまで何とか調整。

初めて芯出しをしたが、かなり面倒(悪戦苦闘)でした。

理由は、ダイヤルゲージを装着したスタンドが微調整が出来ないタイプだったため。

安いだけでチョイスしたものだったので、購入前にベテランの方に聞いてから購入すれば

良かったとすこし反省。



何とか修理出来たため、明日はテストフライトに行ってきます。




スポンサーサイト
2011-07-17 : ラジコンヘリ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

アクセスカウンター

ブログへの訪問者は
人目です

プロフィール

takarc1

Author:takarc1
ブログへようこそ!
出身:岩手県
趣味;RCヘリ、スキー/スノボ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア


ジオターゲティング

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR